中ページ ヘッダー画像 代替テキスト(alt) 中ページ ヘッダー画像 代替テキスト(alt)

よくあるご質問

Q&A

商品券はいつからいつまで使えますか?

有効期間は、令和元(2019)年10月1日(火)~令和2(2020)年2月29日(土)の5ヶ月間となります。有効期限を過ぎると使用出来なくなりますので、ご注意ください。

どこで使えますか?

利用可能店舗(参加店舗)はホームページ上で随時掲載されます。また、利用可能店舗(参加店舗)はポスターやPOPを掲示しています。

商品券で買い物をした時、おつりは出ますか?

つり銭は出ません。おつりが必要な場合は、現金と組み合わせてご使用ください。

未使用の商品券の払い戻しは出来ますか?

出来ません。

表紙がとれてしまったのですが…

表紙のついた綴りから切り離すと、原則使用できません。
誤って切り離した場合は参加店舗でその商品券と綴りの両方を提示し、確認を受けてください。

他の商品券・割引券と組み合わせて使えますか?

参加店舗の判断により、使えない場合があります。詳細は各参加店舗にお問い合わせください。

商品券の利用対象にならないものを教えてください。

●出資や債務の支払い(税金、振込代金、振込手数料、電気・ガス・水道料金等)
●有価証券、商品券、ビール券、図書券、切手、印紙、プリペイドカード等の換金性の高いものの購入
●たばこ事業法(昭和59年8月10日法律第68号)第2条第1項第3号に規定する製造たばこの購入
●事業活動に伴って使用する原材料、機器類および仕入商品等の購入
●土地・家屋購入、家賃・地代・駐車料(一時預りを除く)等の不動産に関わる支払い
●現金との換金、金融機関への預け入れ
●風俗営業等の規則及び業務の適正化等に関する法律(昭和23年法律第122号)第2条に規定する性風俗関連特殊営業、設備を設けて客に射幸心をそそるおそれのある営業および食事の提供を主目的としないキャバレー、クラブ、待合などに要する支払い
●特定の政治団体と関わるものや公序良俗に反するもの
●商品券の交換又は売買
●その他、商品券の利用対象として適当と認めないもの

start end